使い道がない!・ その他お困りごと
【相続・空き家・空き地・住み替え・離婚】

相続・空き家・空き地・離婚などで 不動産を売却したい

初めて不動産を相続するので専門的なことがわからない、放置している空き家・空き地がある、家を住み替えたい、離婚で財産分与が必要などの不動産のお困りごとは当社、“頑張る不動産会社” 大神不動産までお気軽にご相談ください。当社は店舗が在る海老名市、平塚市を始め、茅ヶ崎市、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、寒川町、秦野市、座間市、小田原市、横浜市など神奈川県と近隣エリアで空き家や空き地、相続、お住み替えの際などの不動産売却とサポート実績が豊富です。離婚による不動産売却のご相談にも親身に対応いたします。

このような事でお悩みではないですか?

  • 遠方に住んでいるため、相続した物件を管理できず、処分もできない
  • 使い道のない空き家や空き地を現長年放置したままにしている
  • 家族構成が変化したので、もっと最適な間取りの家に住み替えたい
  • より通勤・通学に便利で暮らしやすい住環境の物件に引っ越したい
  • ローン残債が多い物件を売却するので完済する資金が必要
  • 離婚することになり、財産分与で住まいを売却する必要がある

不動産相続の売却

単独で不動産相続した時の売却

相続人が1人、または相続人が2人以上いても話し合いによって単独で不動産相続ができる場合は、以下のように売却を進めるのが一般的です。複数の相続人が話し合いを行い1人が不動産相続を行うケースでは、代償金などで利益調整を行うことがあります。

STEP 01 遺産分割協議

相続人同志で話し合いをして、誰が不動産を相続するのかを決定します。遺言書があれば、その内容に従って不動産相続人が決定いたします。

STEP 02 相続登記

不動産相続人が決定しましたのちに『相続登記』のために、所有者名義を相続人該当者の名義に変更いたします。

STEP 03 相続不動産の売却

『相続登記』の手続き後、不動産相続人の所有物となった段階で不動産を売却します。売却の手続きは一般的な不動産売却と同じです。

複数人で不動産相続を分け合う場合の売却

家族で複数の相続人の話し合いがなかなかまとまらない、遺言書でこの人という不動産相続人が明記されていない際は多くのケースで遺産分割がトラブルになりがちです。解決方法としては不動産を売却して現金化したのち、法定相続分を均等に分ける方法があります。不動産を現金化して分割する方法を『換価分割』といい、以下のような流れで進めていきます。

STEP 01 遺産分割協議

単独の不動産相続の時と同じく遺産分割協議を行い、話し合いにより不動産を売却して換価分割することを決定します。

STEP 02 まず代表者で相続登記

売却するためにはその前に、故人から名義変更をして相続登記の手続きが必要です。そのため、便宜上複数人の中から1人を代表者として相続登記の名義を変更した後に売却を行います。共有登記という方法で相続人全員で相続することも可能ですが、手続きが複雑になるため代表者1人の名前で単独登記を行うのが一般的です。

STEP 03 相続不動産の売却

相続人全員で話し合いをもうけ全員納得の売却価格を決定し、不動産を売却、現金化します。話し合いをしっかりとせずに代表者が勝手に価格を決めると相続人の間でトラブルの元となるので注意しましょう。

STEP 04 遺産分割

売却して得た現金を相続人で均等に分け遺産分割を行い完了です。

相続物件の活用

持家の際、親が元気な内は不動産相続について考えることはあまりないはず。そのため、相続と言うものは突然やってきたりもします。突如親の家や土地を相続することになりどうすれば良いのか分からずお困りの方は以外に多いのが現状です。相続物件を活用せずそのまま放置すると、ゴミの不法投棄や不法侵入、害獣に荒らされるリスクなども発生します。相続物件やお手持ちの不動産の活用方法をご紹介いたします。

空き家/空き地の売却

空き家の売却

空き家の売却の際にはそのまま売却するか、空き家を解体して売却するかの2通りがあります。そのまま売却する場合は「中古戸建」または「古家付土地」の売却となり手間や費用がかかりません。ただしリフォームや解体などの費用はすべて買い主が負担することになるため、売却価格はどうしても安くなる傾向にあります。空き家を解体しての売却は「更地」での売却となり、解体の手間や費用がかかるものの、「古家付土地」よりも「更地」の方が早く高値で売却できる可能性があります。

空き地の売却

空き地の売却の際は家の売却の時とは異なり、外観の手入れや内見の対応で価値を上乗せすることができないため高価売却が難しく、また境界線トラブルなどで長期間、売却が完了できない恐れもあります。空き地売却で特に注意したいのが隣地との境界線トラブルです。

  • 隣地の樹木や荷物など一部が所有している土地にはみ出している
  • 昔の古い土地で隣の家の土地と境界線があいまいのまま
  • 隣地も空き地で境界線が不明確

空き地は上記のような理由でトラブルの元となることが多く、一度トラブルに発展すると解決に相当の時間と手間が掛かるケースもあります。トラブルになりやすい条件の土地は売りに出しても買主を見つけにくいため、空き地の売却を行う際は境界線は大事なポイントとなってきますので、事前に必ず確定させておくようにしましょう。

住み替えについて

不動産の住み替えでは現在の住居の売却、新たな住居の購入の両方を行う必要がでてきます。もっとも多いのは売却で調達した資金を使って、新居を購入するパターンです。ところが、売買のタイミングが合わずに住み替えに失敗する例も少なくありません。早くに売却すると新居に入居するまで仮住まいが必要です。また、売却を焦り、安い価格で同意してしまうこともあります。反対に、新居を購入したが売却資金の準備が間に合わないといった場合では、契約違反で契約解除になってしまうといったケースもあるでしょう。
理想的な不動産の住み替えの形は売却と購入の決済を同じタイミングで行う、「同時決済」です。こちらなら仮住まいの準備や資金不足といったリスクを回避できますし、そして不動産の買替えローンを利用することが可能で、完済できていない残りのローン不足分と新たな不動産ローンをまとめて借りられるのも大きなメリットです。また状況的に同時決済が難しい場合は、売り急ぐ必要がなく購入資金不足も避けられますので、売却を優先的に重視するのがおすすめです。

離婚成立時の不動産売却

離婚成立時においた財産分与で不動産売却を行う際は、事前に該当不動産の資産価値を確認することが大変重要になってきます。戸建てや土地、マンションいずれの場合も、専門家である不動産鑑定士、または不動産会社へ売却査定依頼を行い、売却の見込み価格を把握します。不動産会社の査定は1社だけでなく、2~3社など数社に依頼することで、査定価格の比較・検討が可能になり、地域の相場感や同条件での平均値が判明します。
同時にインターネットや店頭などで周辺の不動産物件の価格も情報収集しておきましょう。財産分与の売却のためには売れる価格を知ることが大事です。まだローンが残っている場合は金融機関に残債の額を確認し、売却の見込み価格が上回るかをしっかりと確認します。まずはお手持ちの不動産の価格を把握するために、不動産売却査定を行いましょう。

CONTACT US

無料査定・お問い合わせ

海老名・平塚・茅ヶ崎・厚木・伊勢原・座間・寒川・秦野・小田原、横浜、湘南周辺他、神奈川・近隣エリアで不動産売却にお悩みの際は、お客様の為に考え“頑張る不動産屋”
株式会社大神不動産へ、どうぞお気軽にご相談ください。

メールで
相談・お問い合わせしたい方へ

ご相談・お問い合わせ

電話で
相談・お問い合わせしたい方へ

海老名店046-240-6190
平塚店0463-80-7707

店舗で
相談・お問い合わせしたい方へ

来店予約